<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

階段♪

昨日、部屋の整理をしていて何かと二階と一階を行ったり来たりしていました。

近頃我が家への小路を板で塞いでいるので、ワンコ達は家の中と外を自由に出入りしています。ビーちゃんは狭くて急な階段を駆け上ったり(ほぼ4歩くらいで到着してしまいます)駆け下りたり・・・。
そしてTankは近頃車に乗り込むときも少し躊躇するようになってきていたので、何度か階段を上ろうとしては迷った末やめていました。

昨日も私のあとを追って何度も上りかけてはやめ・・・を繰り返し、とうとう決心してのぼり始めたのはいいけれど中間あたりで進むにも戻るにもままならず立ち往生してしまいました。狭くて急なので方向転換などできません。もう後戻りはできない状況です!

「Tank!上りきらないと戻れないから頑張ろうよ!」
そう励ましながらワタシはTankの後ろについて手助けすることにしました。
気持ちでは駆け上りたいので一歩一歩ゆっくりというのぼり方がなかなかできません。ワタシが後ろ足を押し上げてやりながらなんとか上りきることができました。

そして久しぶりの二階をくまなく探索です♪

さあ、上ったものは降りなくては・・・。
今度はTankの鼻先にまわり下から再び励ましながら下り始めることにしました。二人して転げ落ちるわけにはいきません。慎重に慎重に一段づつ前足を下ろしてやりながらやっと下りきることができました。

身軽なビーちゃんはいつも階段を駆け上ってワタシのあとをついてきていたので、今日こそは自分もあとを追って上って来たかったのでしょう。

怪我をしたら、足でも骨折してしまったら大型犬のTankはとたんに動けなくなってしまいます。人間もそうですが骨折などで動けなくなることがきっかけで、とたんに老化に拍車がかかってしまうものです。だから、もう急な階段は上らせることはできないな・・・と少し寂しくなりました。

それにしても、怖くてしかたがなかっただろうにワタシの励ましを素直に聞いて全く逆らうことなく身をゆだねて行動してくれたのはTankのすごいところなのだと思います。

『何だって一緒なら大丈夫!』
・・・とTankは思ったに違いありません!

そう・・・Tankがまだ1歳くらいのころ、もっともっと急な梯子だって一緒だったから登ることができたのだもの!
d0006253_1732317.jpg

   ↑ゴキゲンでソファの上に転がるTank♪
[PR]
by madomado127 | 2007-09-29 17:04 | わんことの生活 | Comments(2)

人間の7倍!

年をとると月日の経つのが速く感じられるものです。

子供の頃、1年はなんて長いんだろうと思っていました。
今は本当にあっと言う間に経ってしまいます。

ところで、ワンコにとって人間の1年は約7年に相当するのだと聞いたことがあります。・・・そう考えると、我が家のビーちゃんがたった5分出かけて帰っても全開で喜ぶのが理解できます。

昼間ワンコ達だけを家において仕事に出るわけですが、昼休みに家に戻るとたった2~3時間しか経っていないのに、それはそれは大歓迎なのです!
特にビーちゃんはシッポを360°ブンブン回転させて家中を10周くらい走りまわります。そして、ほんの5分くらいコンビニに行って帰った時でも同じくらいの大歓迎なのです。

人間にとってほんのちょっとの時間でもワンコにとっては“すごく待ってた”になるのかもしれません。そんなことを思うとますます出かけられません。

いつも出かけると、
「もう○時間も待たせてるから」・・・と落ち着かずそそくさと家に帰ってきてしまうのは仕方ないですね!

それは、あとどのくらい一緒にいられるのか・・・あとどのくらい生きていてくれるのか・・・といつも思っているからです。

思えばワンコ達が1歳になるまでは、毎日体重を量り成長していくのを頼もしく感じていました。けれど寿命の短いワンコを育てている人達にとって、いったい何歳まで誕生日が楽しみなのでしょう?

大型犬のTankが生後56日でやって来た時は約7kg。それが生後3ヶ月で14kg、4ヶ月で21kg・・・とどんどん大きくなり、いったいどこまで成長するのだろうと懼れたのと同時に楽しみでした。1歳で約30kgになり、4~5歳の一番充実した年頃の頃は34~5kgにもなり筋肉隆々の立派な身体になりました。

12歳の今、だんだんモモの筋肉が削げ落ちてきて体重は約30kgに落ち着きました。

そんなTankの誕生日は、たぶん5歳くらいまでは楽しみに思っていたような気がします。犬にとって7歳からは“シニア”と呼ばれ、フードも若い犬用とは別になります。現在我が家の2匹とも立派なシニアさんです。

ある日ワンちゃんをつれて店にやってきた人が
「若いときは本当に元気だったけど10歳をすぎたらとたんに病気が次から次と出てきた。」
・・・と言っていたので、いつどんな病気になっても後悔なく治療を受けさせられるように・・・とTankが10歳になる直前に保険に入りました。(ビーちゃんは8歳で加入)

幸いに12歳半の今まで一度も保険を使うことなく来ているのは本当に感謝です。

時々散歩中につまずいて、あわてて
「オイラじゃないも~ん!」・・・とごまかしたりするTankです。

今年になってからでしょうか、車に乗り込む時に以前なら直接座席に飛び乗っていたのが足元に乗るのさえ危うくなってきて、たまにしくじったりするようになりました。それでも家の中ではビーちゃんと走り回っています。そんな姿を見ると、

「まだまだ元気いっぱいだな!」

・・・と嬉しくなります。

我が家のチビッ子ビーちゃんももうすぐ9歳になろうとしています。
顔の白い毛が目立つようになってきました。でも中身はいつまでも“赤ちゃん”です。甘ったれで寂しがりやでビビリで・・・・。
とても問題の多い子ですが、やっぱり我が家の宝物です。

Tankもビーちゃんもシッポの先からフリフリと“幸せの種”を振りまいていてくれるのです♪
d0006253_23473477.jpg

↑生後20日のTankと弁慶♪
[PR]
by madomado127 | 2007-09-25 23:48 | わんことの生活 | Comments(4)

ライブ報告 その2

今度はAだっちゃんが撮影してくれた写真です~!
d0006253_2204216.jpg

今回のお気に入り♪
d0006253_221266.jpg

d0006253_2214664.jpg

d0006253_226272.jpg

素敵なMensのみなさん♪
d0006253_2233435.jpg

ハートめがけ矢を放ってる瞬間です!
[PR]
by madomado127 | 2007-09-01 02:23 | バンドの生活 | Comments(7)