確実に・・・

Tankを
一日中見つめて
暮らしてます

早朝5時
小さな泣き声が聞えて
目が覚めると
Tankが立ち上がっていました

部屋の隅に
ペットシーツを置いておいたのですが
そこに着く前に
オシッコが出てしまったようです

たぶん
エリザベスカラーのせいで
見えなかったのでしょう

その後、8時ころ
また
泣き声で目が覚めてみると
横になった状態でTankは
鳴いていました

立ち上がるのが
まだ困難で
間に合わずに
ちょっとだけオシッコが出てしまい
無念で無念で
しかたのないTank・・・

そのせいで
手術をしたところの絆創膏が汚れてしまいました。

確か獣医さんが、
「汚れたらばい菌が入るといけないので取替えないといけない。」
・・・と言っていたはず!

でも病院は休診日なので
電話が通じません。

いつもの先生に電話をしてみました。
普段ほとんど連絡が取れないのに
こういう“ここぞ”って時には
必ず連絡がとれる不思議な人です!

まだしっかり歩けないし
車に乗せることを考えたら気が遠くなりそうだったけど
先生は往診してくださるとのこと。

Tankは安心できる家の中で
ワタシ達に見守られて
処置をしてもらえました!
明日もガーゼ交換と様子を見に来ていただけます!
傷口を見て、先生が

「これは本当に大手術だったね~!」と。

風通しの良いガーゼに交換してもらって
Tankも楽になった様子

エリザベスカラーも
取ってしまいました
d0006253_21125121.jpg

手術前より食欲もあって
昨日より今日
朝より夜・・・と
少しづつですが
確実に
Tankは回復しています。
[PR]
by madomado127 | 2008-05-31 21:16 | わんことの生活 | Comments(0)

ちまちまと準備を重ね
無事
本日
DECEMBER 12の
リニューアルオープンの日を迎えました!

今日から
ランチもスタートです!

↑本日のメニューはこれ!(6月いっぱい金曜日のメニューです)
『豚肉とモヤシの棒々鶏風』
ドリンク付きで¥800なのです!

ちなみに
明日“土曜日のメニュー”は

『鶏肉とキムチの炒め煮』ですよ~!

微妙に
あちこち
リニューアルされた
DECEMBER 12を見に
是非
ご来店ください~!
[PR]
by madomado127 | 2008-05-30 16:52 | cafeの生活 | Comments(0)

Tank病院日記vol.4

今日
5/30 無事に
Tank退院できました~!

もっと早く迎えに行きたかったのに
今日は外来の診察日とあって
先生方も忙しいからか
12:00に・・・とのこと。

夕べの痛そうな
苦しそうな姿を思うと
『本当に今日、自分で歩いて帰れるの?』と、
顔を見るまで信じられませんでした。

夕べ、
仕事で手術後に会えなかった
ダンナ様のために
夜おそくに病院に入れていただくお願いをしていたのに・・・

「二人で行ったのに連れて帰らなかったら、ずーっと後までTankの中に残ってしまうだろうから俺は外で待ってる!」
・・・というのです。

でも
中に入らなくて良かったかも。

真夜中の動物病院は
それはそれは
不思議怖い世界!

昼間
みんな、あんなにおとなしくしていたのに
夜になると
どの部屋からも吠え声がスゴイのです!
真っ暗な廊下に響く犬達の叫び声は
ちょっと恐いものでした。

Tankのいる部屋に入ると
夕方2度目に行った時にはぐっすり眠っていて
容態も落ち着いた感じだったのが
この時は
目が開いていて
ワタシのことを見つけて
急に鳴いて呼吸も荒くなってしまいました。

たぶん
痛かったこと
寂しかったこと
帰りたいこと
全部思い出してしまって
興奮状態になったのでしょう。
しばらく撫でてなだめていたら落ち着いてきたので
後ろ髪ひかれながら帰りました。

病院からの帰り、
ワンコのいない家に帰るのが寂しくて
二人で外食して帰りましたぁ。

今日
迎えに行くと
Tankはちゃんと立っていました。
包帯の服を着せられて
剃られてできたハゲは目立たなくなっていました。

ワタシ達の顔を見て安心したのか
会計を待つわずかの時間に
待合室の床で熟睡のTank!

そして
車に乗せるのが
もう~大変!
この日のために購入しておいたスロープで
新車バモスの後ろに乗せ無事帰宅!

家についてからも
エリザベスカラーのせいで
視界が狭いからか
ちょっとした段差も怖くて部屋の中まで入れません。
でも
Tankのお気に入りの玄関で熟睡です。
d0006253_16235938.jpg


先生に

「大きな傷口になってそうとう痛いのだろうに、ほとんど弱音をはかないけど意にそぐわないことをされるときは、断固抵抗して・・・すごい犬ですね!」
・・・と。
「吠えたりするのは、すごく痛いのに、“やめてくれ!”という主張は痛みをおしてもせずにおれない強い意志の持ち主ですね!」
・・・と。

こうした言葉は
褒め言葉と解釈しています。

治療する側にとっては
あまり歓迎しないのでしょうけれど・・・。

ひと寝入りしたあと
お水とゴハンをパクパク食べ
一安心。

明日は
きっと
もっともっと
元気になっているはず!

頑張ろうね
Tank!
[PR]
by madomado127 | 2008-05-30 16:31 | わんことの生活 | Comments(3)

Tank病院日記 vol.3

今日
5/29(木)
Tankは
13歳1ヶ月にして
初めての手術を受けました。
d0006253_1928158.jpg


10時過ぎから
約3時間にもわたる
長い手術でした。

5/7にいろいろな
検査を受けてから後、
たまたまタイミングがそうだったのか
急に年をとってしまった様子の
Tankでした

「オイラ もうダメなのかな~?」
・・・なんて
気弱になったのかな?

食欲も落ち
元気もなく
『何か重大な病気では?』
『これで手術に耐えられるの?』

そう心配して
本来は行なわない
術前の血液検査をお願いしました。

検査の結果
心配な要素はなく
予定通り手術となったのです。

足の骨に2箇所
穴を開けて組織を取り出す手術と
お腹に出来た脂肪腫(?)の切除手術
かなり
大きく育ってしまっていたので
大きな大きな
傷口となってしまいました。

午後2時頃
やっと麻酔が切れかけて
意識が戻ったTankの顔を
見にいけました。
d0006253_19422763.jpg

この時はまだ
少し震えがあって
小さな声で文句を言ってました。
d0006253_19435040.jpg

かな~り
広範囲に剃られたようです(笑)
隠れてますが、
足も“超ヌード”です~!

老体なのに
長時間の手術に耐えた
立派なTankは
担当の先生に
「目がしっかり力強いですよね!」
・・・と言われましたよ。

鎮痛剤の点滴のため
大事をとって一晩
入院させることにしました。

Tank自身が
一番苦痛がない方法が
これだと判断したからです。

今夜
特別に裏口から
Tankの顔を見に
病院に入れていただくことに
なっています。

「連れて帰ってよ~!」
・・・って言われたら
ちょっと可哀そうだけど
最速の回復の為
仕方がありません。

明日の朝
迎えにいったら
思う存分文句を聞いてやろうと
思います。
[PR]
by madomado127 | 2008-05-29 19:50 | わんことの生活 | Comments(2)

先月
無謀にも・・・
店内のコンクリートの壁の解体を試み
ほぼ1/10くらいのところで

「こりゃ 無理だろ!?」
・・・ってことに気づき
やっぱりプロにお願いすることに

その工事の日が
今日ってわけです!

大きなビニールで“養生”してるところ↑

今日中に店内のコンクリート壁を取り壊し
少し広々とした空間が現れるはず

d0006253_16541059.jpg

朝9時過ぎから開始して午後3時前にはこんな感じ↑

ところで
cafe DECEMBER12 は約18年目にして
最大のリニューアルを企画しています!

①店内の壁取り壊し他のリニューアル

②『店長 工藤智子』誕生!

③営業時間の変更

    11:00 Open 20:00 Close

④定休日の変更

    日曜定休 ⇒ 木曜定休
   
 ★ってことは、日曜日にも美味しいコーヒーを飲みに来ていただけます!

⑤ランチがスタート!(by madomado)

 ★日曜日を除く毎日、曜日によって日替わりのランチを始めます!
   毎月メニューをアップデートします~♪

新店長TOMOちゃんには大いにウデを奮ってもらいますが、ワタシ達二人もオーナーとして見守り、全面的協力体制でサポートします。

今までカウンターの中から皆さんと接していたのが、これからは一緒に椅子にかけてDECEMBERを楽しみたいと思っていますので、いつでも“呼び出し”に応じます!

どんどん声をかけてくださいね~!



1990年11月18日にオープンして以来、約18年という長い間お店を続けてくることができたのは、一緒に年をとってきた常連さん達のお陰に他なりません。

そして、その常連さんの中からこの歴史を引き継いでくれる人が現れたというのはとてもシアワセなことだと思います。

新生DECEMBER 12も今までと変わらず愛していただけることを心からお願いします~!

d0006253_17162693.jpg

↑1991年当時の外観、まだ左側の“cafe-bar”のライト看板がありません。

d0006253_17142839.jpg

↑ライト看板がついた外観
[PR]
by madomado127 | 2008-05-26 17:07 | cafeの生活 | Comments(0)

お風呂~

5/29(木)には
Tankは手術を受けるので

その前に・・・
お風呂に入れました~!

術後はしばらく入れないと思うので
d0006253_13195335.jpg

[PR]
by madomado127 | 2008-05-26 13:20 | わんことの生活 | Comments(0)

お取り寄せと・・・

Tankとビーちゃんの為の
お取り寄せ・・・
d0006253_1882145.jpg

d0006253_188339.jpg

興味津々のビーちゃんは、早速鼻先をつっこんでます!

Wさんと共同でお取り寄せをした馬肉です。
ビタミンたっぷりの心臓をプレゼントしていただきました!

そして
d0006253_1810475.jpg

なんだか寂しいことなのですが
Tankは散歩の時にはもう走ったりしないでのんびりと歩くだけ(それにしては気ままに・・・)なので、リードは持っていなくても大丈夫になりました。
d0006253_18122721.jpg

道路を横断するときと、家に近づいて逆方向へ行こうとするTankを阻止するときにだけリードを持ちます。

毎日
の~んびりの~んびりな
老犬のお散歩なのです・・・
[PR]
by madomado127 | 2008-05-23 18:14 | わんことの生活 | Comments(0)

Tank病院日記 vol.2

昨日
2度目の北大へ

この1週間の経過と
手術日の打ち合わせ

5/29(木)に
脂肪腫と後ろ足骨髄の検査のため
生まれて初めて全身麻酔を受ける
入院はしないでその日の夜
麻酔から醒めるのを待って連れて帰ることができる

13歳にしては
元気でパワーがあって
生命力にも溢れているTankなので
全身麻酔にも耐えられるでしょう

そして
術後、傷口がひらくといけないので
可哀そうだけれど
ビーちゃんはお泊りでA達家に預かっていただく

ハイパーなビーちゃんは
たった半日Tankが手術でいなくて帰って来たら
嬉しくて嬉しくて
飛びついたり
「遊ぼうよ~!」
・・・と
誘ったりするに違いない!

Tankが大好きでたまらないビーちゃんは
いつも
Tankの耳や目や口やおしりや・・・
舐めてしまうので
傷も気になってしかたがないに違いない

2~3日
傷口が落ち着くまで
お泊りなのだ

以前にも1泊
A達家にはお泊りさせていただいたことがある
ビーちゃん・・・
何処に預けるより安心なので
迷惑を承知でお願いすることにした

Tankは入院前ってことで
ビーちゃんはお泊りってことで
週末には
お風呂にいれなくっちゃ!!
d0006253_1228385.jpg
d0006253_1229194.jpg

[PR]
by madomado127 | 2008-05-17 12:29 | わんことの生活 | Comments(4)

イタリア土産

Iさんからのイタリア土産の
イタリア版“クレージーソルト”みたいな・・・

瓶が
超おしゃれですう♪
d0006253_23225443.jpg

[PR]
by madomado127 | 2008-05-13 23:23 | ふつうの生活 | Comments(0)

Tank病院日記vol.1

5/7(水)
予約していた北大獣医学部病院へ

まず
かなり長い問診・・・

どの部分がいつごろから腫れたりとか
足がいつごろから引きずったりビッコをひいいたりとか
詳しく聞かれ

尿検査のためオシッコをとりに中庭へ行き
診察室へ戻る時、我々は待合室で待つように言われた

その時
優しそうなおねえさんにリードを持たれ
少しルンルン気分のTankだったけれど
引き上げる我々を急に立ち止まってじっと見て

『あれっ?なんで行っちゃうの~?』
とでも言いたげな・・・

きっとこの時のTankの顔は
ずっと後になっても
何度も思い出すに違いない

それから1時間以上経って
やっと診察室に呼ばれたものの
尿検査と血液検査と触診が終わったけれど
詳しい検査(レントゲンなど)は
エライ先生待ちとのこと

ダンナ様はここで仕事へ向かい
ワタシも一度家に戻り一仕事を済ませ
小1時間ほどして戻った

けれど
なかなか呼ばれない
どんどん他の子達は診察を済ませて帰って行く

待合室ではいろんな病気の子達に会った

まだそんなに年はとってないけれど
難病で注射を打ち続けなければ生きていけないコーギー

まだ1歳なのに先天的に後ろ足の骨に異常があって
投薬で様子をみているというラブとのミックスの子

Tankとおなじ13歳のシェルティーは
12歳まで全く病気をしなかったのに
12歳を過ぎたとたんアゴに癌がみつかり
放射線治療を受けているという

年齢は解らなかったけれど
白髪が出てきている黒ラブの女の子は
癌の治療で来ていた

そんな待合室Watchingをして2時間ほど過ごしたら
やっと呼ばれた

もう少し詳しい検査の為にオシッコが必要ということで
再び裏庭へ行く

そして診察室へ戻り
またワタシだけが出て行くときのTankの目は
ちょっと哀しそうに

『また 置いてっちゃうの?』
だった

独立心が強くて
あまりベタベタしないTankだが
実は忠誠心が人(犬?)一倍強く
自分の中で一人一人の存在を
かなり区別しているのだ


朝の10時から病院に行き
終わったのが午後3時

ピーピー泣いたりしなかったが
初めての人達の中に放り込まれ
長時間あれこれいじくられたのだから
さぞ 辛かったことだろう

ワタシのことを
もしかしたら
ちょっとだけ
怒っていたかもしれない・・・

先生に
「13歳なのに力が強くて、いやなことされるから怒って・・・・けっこう怖かったですよ~!」
と言われてしまった(苦笑)

誇り高いTankだから
意にそぐわないことをされるのは
黙っちゃおれないのだ


初めて詳しい検査を受け
いろいろなことが解った
今後更に詳しい検査もあり
結果を聞くのが怖くもある

とりあえず決まっているのは
脂肪腫を取る手術をするということ
その時に次回の検査結果次第で骨髄の検査をするかもしれない

13歳の誕生日を迎えたとたん
ガクンと年をとったように見えるTank

去年のうちに手術を受けさせていたなら
もっと元気で体力もあったのに・・・
そう思ったりする

でも
精一杯Tankのシアワセを願って育ててきたから

“あぁすればよかった”
“こうすればよかった”
・・・とは
考えないことにしよう

これからの毎日を
Tankがシアワセでいられるように・・・
それだけを考えて
最善をつくしていくことにしよう

大切な大切な
ワタシ達の宝物Tank・・・

君のパワーを
信じているよ!
d0006253_2245192.jpg

[PR]
by madomado127 | 2008-05-09 22:04 | わんことの生活 | Comments(2)